×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

結婚式のスピーチを考えるコツは?

結婚式のスピーチは、文章や構成で悩むことが多いものです。結婚式のスピーチの構成を考えてみましょう。
結婚式のスピーチは、挨拶から入ります。初めの挨拶は、簡単な自己紹介に、新郎新婦との関係を入れながら祝福の言葉を述べます。結婚式のスピーチで、初めの挨拶が終われば、スピーチの本題です!スピーチの中身は、新郎新婦の人柄などを表現するスピーチが上手な結婚式でのスピーチです。
結婚式のスピーチの次の構成は、結びの挨拶です。新郎新婦へのお祝いの言葉に、最後の結びの言葉を入れるといいでしょう。結婚式のスピーチ時間は約3〜5分程度が上手なスピーチのコツ。結婚式のスピーチの時間は、結婚式の進行スケジュールにも影響します。
長すぎず、短いぐらいが好印象です!結婚式のスピーチに、ことわざや格言を使う時は、事前にしっかり調べておくことが必要です!なぜなら結婚式のスピーチとして、ふさわしくないことわざや格言もあるからです。結婚式のスピーチに、花言葉を使う場合がありますが、花言葉を使用する場合も事前に調べた方がよいです。花言葉は、時期や場所によって意味が変わってきたりする場合があるので気をつけましょう。
>>結婚式のスピーチ集を見てみる!

結婚式のスピーチの例を教えて!

結婚式のスピーチは悩む部分ものです…そこで、結婚式でのスピーチというものは、「お祝いの言葉」「自己紹介」「結びの言葉」をポイントに作成することで上手にスピーチをするコツにつながります。
結婚式でのスピーチの例をあげてみます。
まず、お祝いの言葉のスピーチの例です。「本日はおめでとうございます」「○○さん、△△さん、ご両家の皆様、本日はおめでとうございます」結婚式でのスピーチの例としてお祝いの言葉は上のような言葉があります。
次に結婚式でのスピーチ例の自己紹介です。「ただいまご紹介にあずかりました□□と申します」「新婦の○○さんと同期入社の□□と申します」「…を代表しましてお祝いの言葉を述べさせていただきます」など結婚式のスピーチの自己紹介は、相手との関係を交ぜて自己紹介をすると良いものです。
結婚式のスピーチ例の結びの言葉は「どうぞいつまでもお幸せに」「末永くお幸せに」「お二人の前途がすばらしいものでありますように」「お二人の幸せを心からお祈りして、私からのお祝いの言葉とさせていただきます」など3つのスピーチのコツをうまく組み合わせると、結婚式で上手にスピーチができるでしょう。

結婚式のスピーチで大切なことは?

結婚式のスピーチを頼まれた相手との関係はありますが、基本的にどんな関係でも結婚式のスピーチの構成は同じです。ここでは、結婚式のスピーチの際の注意するポイントをご紹介します。
1.長くならないように気をつける!時間にして約3分程度がGood!
2.結婚式のスピーチは、原稿を読みながらで全く構いません。時間配分や忌み言葉に気をつけるために、原稿を予め用意した方がいいものです。
3.話し口調は、はっきり、ゆっくり、大きな声で!マイクには、近すぎず、離れすぎず!
4.禁句に注意!「切れる」「切る」「出る」「分ける」「去る」「下げる」「閉じる」「終わる」「戻る」「落ちる」「落とす」「最後」等は、縁起の悪い言葉で、結婚式では禁句です。また、「しばしば」「くれぐれも」「重ね重ね」と言った重ね言葉も嫌われるものです。
5.結婚式のスピーチで、ウケを狙っての暴露話はダメです。下ネタや下品な話題も避けましょう。
6.政治と宗教の話は禁句!考え方は人それぞれなので、政治と宗教の話では、対立する意見をお持ちの方が必ずと言っていいほどいらっしゃるので結婚式のスピーチでは要注意です!

Copyright © 2008 結婚式で上手にスピーチをするコツ!